墓じまい

墓じまいとは

墓じまいとは、「後継者がいなくなった墓や、遠方でお参りにいけない、などを理由に墓を引越しする(改葬する)際に、解体、撤去すること」をいいます。

最近は、「お墓が遠くにあるので墓守ができない」、「継承者がいない」という理由から墓じまいをする方が増えてきました。

悲しい事にお墓を受け継ぐ人がいなければ、無縁墓になってしまうことになります。というのもお墓を持っていても、お墓には管理費用などもかかるからです。

お寺の檀家となっている場合は、お寺にお墓の管理をしてもらう代わりに檀家料を支払っているので継続できますが、それを支払う人がいなければどうしても無縁墓となってしまうのです。

霊園等の場合は必要書類を用意し、それに記入して提出すれば手続きはそれほど難しくありません。墓石を撤去して処分し更地にした後は、お墓の中に入っていたご遺骨は別のお墓や

納骨堂に納骨したり、海洋散骨や自然葬をしたりと様々な方法があります。墓じまいにも費用はかかりますが、子孫がいない時のお墓問題を考えるとこの方法が一番と考える人も多くなっています。

廃墓の手続き
  • 1.お墓の管理者(お寺・墓地)に相談
  • 2.新たな遺骨の受け入れ先より「受け入れ証明書」を受け取る
  • 3.現在の埋葬墓地管理者から「埋葬証明書」をもらう
  • 4.管轄の行政に「改葬許可申請」を行う
  • 5.改葬許可証を埋葬墓地に出し改葬の日取りを決める
  • 6.石屋と遺骨の取り出しとお墓の撤去についての打ち合わせをする
  • 7.お墓から遺骨を取出し供養し、お墓を更地に戻す
墓処分(墓じまい)作業の様子
墓処分(墓じまい)をする時は、石塔、カロート、外柵など使用している墓所の石材の全てを除去・処分し、更地の状態まで戻さなければなりません。墓所の広さ、墓石の数などにより金額が違いますが、ある程度まとまった金額がかかります。また、お墓に埋葬されていた遺骨を別の墓、もしくは別の形で供養しなければなりませんので、それに関わる費用も必要になります。墓じまいからの散骨、永代供養納骨堂のご案内も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。
  • h1
  • h2
  • h3
  • h4
  • h5
  • h6